お腹いっぱい!リヨンの名物料理BOUCHON(ブション)を食べよう

こんにちは!現在祖父の七回忌で大阪に一時帰郷しています@Sepoです。仕事がある為たったの4日間ですがやっぱり実家は最高です!ご飯は美味しいしコタツがある!洗濯とかも甘えられます!笑そんなコタツでぬくぬくとしている甘々な状態で大阪からお届けします。

今回はフランスの第2の首都、リヨンへ行ったら是非とも行ってみたいリヨン独特な形態レストラン、BOUCHON(ブション)を訪れたのでご紹介したいと思います。

スポンサードサーチ

BOUCHON(ブション)とは?

リヨンには BOUCHON(ブション)と呼ばれる独自のタイプの料理店が数多くあります。これはリヨンの庶民的な大衆食堂を指すのですが、主に特徴的なのは豚肉の内臓や耳や鼻などの珍しい部位がよく使われるということ。

昔の貧しい労働階級であった人達が、安くて沢山美味しい食事を食べることが出来るように生まれた形態がブションは生まれたのだそう。

ブションを提供しているお店が分かる目印がある?

f:id:senaandchao:20180118095238j:plain

BOUSHONの形態をとるレストランの扉にはこの写真のように独特なロゴがついています。これは「オータンティック・ブション・リヨネ」(Association de Défense des Bouchons Lyonnais)といって、昔ながらの伝統的なブション料理を出すお店のみに認定として貼ることが出来るマークなんです。

スポンサードサーチ

 家庭的で美味しいブションのお店 Au Petit Bouchon Chez Georgesへ行こう

f:id:senaandchao:20180118095204j:plain

今回私が訪れたお店の名前は”Au Petit Bouchon Chez Georges”を訪問してみました。

f:id:senaandchao:20180118093756j:plain

中は木のぬくもりを感じるような色調の暖かさでアットホームな雰囲気です。

おつまみから肉っ!豚の脂を揚げたグラトン(Grattons)

飲み物はロゼワインを頼んでみました。ちなみに奥にある小鉢の様なものはグラトンといって豚の脂をさらにカリッと揚げたもの。カリカリサクサクしつつも時々コリッとした食感がクセになります。

これがまたカロリーの化け物なのですが、お酒にとても合う憎いやつなんです…!

店員さんにブションを食べてみたいのでオススメを教えて欲しいと聞くとコースを勧められたので、前菜・主催・デザートがセットになっているコース(20ユーロだったと思います)を注文してみました。

好きなだけ食べられるけどご注意…?! サラディエ・リヨネ(Saladier Lyonnais)

f:id:senaandchao:20180118093950j:plain

前菜からガッツリ肉の内臓部分を使った料理がでてきます!伝統的なサラディエ・リヨネはこのように大きな碗にたっぷり入った前菜がどーんと運ばれてきて、好きなだけお皿にとって食べるスタイル。

左上がリヨン特産のソーセージのサラダ、サラダ・ド・セルヴェラ(salade de cervelas)左下が子牛の足を酢やマヨネーズでで和えたサラダ・ド・ピエ・ド・ヴォ(salade de pied de veau)

右上が牛や豚の鼻の塩漬けを薄切りにしたコリコリした感触のサラダ・ド・ミュゾ(Salade de museau)右下がレンズ豆を使ったサラダ・ド・ロンティーユ(Salade de lentille)

f:id:senaandchao:20180118094023j:plain

前菜なのでマリネの様にさっぱりしつつ少し酸味のある味の料理が多く、お肉と一緒に右手前のレンズ豆を添えて頂きます。あまり内臓の臭みも感じずいくらでもお酒と一緒に食べれてしまいそうな前菜でした。

ただコースなのでつい食べ過ぎてしまうと後のメイン・デザートが食べられなくなるので注意です!私は舐めてて後々少し後悔する羽目になりました…。

カツレツのようだけど胃袋なんです。ハチノスのステーキ・タブリエ・ド・サプール(Tablier de sapeur)

f:id:senaandchao:20180118094102j:plain

メインはブションの代表的な料理のひとつ、牛の胃袋(ハチノス)を白ワインでマリネした後にパン粉をつけ、たっぷりのバターで揚げ焼きしたタブリエ・ド・サプール(Tablier de sapeur)です。

外側の衣はザクッとしていますが中の蜂の巣はプルプルでとても斬新!ハーブでしっかり味付けされていて満足感があります。ハチノスというと焼肉のイメージしか無かったので新鮮でした。

f:id:senaandchao:20180118095115j:plain

このメインディッシュと一緒に付け合わせに野菜のソテーの盛り合わせもついてきます。これもまたバターと塩で甘じょっぱく味つけされていて、後ひく美味しさなのですがお腹がいっぱいすぎて感触は出来ませんでした…!

バターにマヨネーズ、酢が調理に多く使われている様です。また全体的に味はワインに合うこってりめなので、注文しすぎない様にご注意を。

デザートはりんごの丸ごとキャラメル煮にキャラメルアイス

f:id:senaandchao:20180118095315j:plain

デザートはシナモンがたっぷりのった温かいリンゴのコンポート、キャラメルアイス添えです。味はシナモンが効いてて大人の味ですが、甘いキャラメルアイスと一緒に食べることで暑さと冷たさが絶妙にマッチしてました。

オナカイッパイデス

リヨン名物トラブール(建物内通路)がここにも

f:id:senaandchao:20180118095133j:plain

トイレへ行くと古めかしい鍵を渡され、レストランの裏口のような場所へと抜けると内部はこのようにまるで中世のお城の地下口のような光景が広がっていました…!中世の世界とか好きな人はリヨン絶対好きだと思う。

これもリヨン名物のトラブール(リヨンの建物内に良く見られる建物内通路)。中はとてもひんやりした空気で、まるでココだけ時間が止まってしまった様なそんな不思議な気配を感じました。

まとめ:美食の街リヨンの歴史と一緒にブションを堪能しよう

f:id:senaandchao:20180118095350j:plainリヨンは美食の街と言われているだけあり、有名で美味しいレストランが沢山あると言われています。ぜひ初めてリヨンを訪れる予定があれば一度このブションレストランを訪れてみてはいかがでしょうか。

私はランチタイム時に訪問したのですが現地の常連らしきお客さん達が次々と来店し、ひとりで大量の料理と向き合っている私を珍しく思ったのか気さくに話しかけてくれた優しい人達でした。お店の雰囲気もアットホームなお店でしたよ。

www.tripadvisor.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です