バルセロナで間違いないバルへ行くなら!セルべセリア・カタラナへ行こう 

f:id:senaandchao:20180226161619j:plain

バルセロナといえば有名な文化遺産にも登録されている教会のザグラダ・ファミリア。

バルセロナ、もう本当に素晴らしかったです!行ったのはもう3年前の事になりますが

私が勇気を出して日本を飛び出し、1人で海外を旅して初めて

「あー旅して良かった!人生最高!」とぐーっと幸せを噛み締めてた

バルセロナの初夏の夜の事は今でも鮮明に覚えています。

実はそれは今回紹介するバルで美味しいスペイン名物のタパスと共にボトル一本のシャンパンを1人で飲み干したからなんですね。

とどのつまりほろ酔いだったわけです。

今回はそんな私にとっても印象的なバルのCervecería Catalana(セルべセリア・カタラナ)を紹介します。

まず最初に:タパスって何?ピンチョスって?

スペイン料理について書く際に「タパス」と「ピンチョス」この2つのワードは欠かせません。

タパス:皆んなでつまむ事の出来る一品料理全般。

ピンチョス:色んな食材を輪切りバゲットの上に串で刺して食べる料理。

タパスは基本的に一皿の上にお酒に合うおつまみが載っていて、皆んなで食べる事が出来る一方、ピンチョスは自分の好きなものを取る事が多いですね。

どちらも温かいものから冷製のもの迄、本当に沢山の種類があります!

 Cervecería Catalana(セルベセリア・カタラナ)

f:id:senaandchao:20180226165342j:plain

入り口はこんな感じです。バルセロナのショッピング通りのグラシア通りから近くにあります。

ここはバルセロナの中でも有名な人気店の様で、ピークの時間帯にはいつも行列が出来ていました。

ですのでスムーズに入りたい方は17時〜18時等早めの時間に行った方が良いでしょう。

店内は地元のバルというよりは、特別な日に行く様なラグジュアリーな雰囲気です。

しかし店内はお客さんで混み合っていて和気藹々としています。

f:id:senaandchao:20180226161803j:plain

飲み物が何を試したらいいのか分からなくてオススメを聞いてみたらシャンパンを勧められました。

これで7ユーロ(約917円=1ユーロ131円レートで計算)いいお値段するじゃないか…と思っていたら

何とシャンパンボトル(ハーフボトル)丸ごとでこのお値段!ワォウ!

グラス4杯分くらいありましたが、もったいないので自分で飲み切りました。

シュワシュワして勢い良く喉を通り過ぎます。さあこれで美味しいものを食べる準備は全て整った!

f:id:senaandchao:20180226161555j:plain

また、ショーウィンドー内の綺麗に積まれて陳列されているタパス達が食欲増幅されます。

ワクワクが止まりません!

f:id:senaandchao:20180226161658j:plain

勿論ピンチョスもあります。ここは基本、色々なタパスを試せる複数人でシェアがオススメですが、

カウンターもありますので1人でも大丈夫です。

私は1人でカウンターに通されたのですが、両隣共、観光客の外国人の方々で

「あなたはどこの国から来たの?」「その料理は何?これはとても美味しいよ!」と

色々英語で教えてくれてとても和気藹々とした雰囲気でした。

1人で行っても雰囲気に溶け込みやすくて楽しめるフレンドリーな空間でしたよ。

スペインの代表的な名物料理を3品注文してみました

f:id:senaandchao:20180226161822j:plain

海老のアヒージョ(gambas al ajillo ガンバス・アル・アヒージョ)

スペインといえばアヒージョ!という印象があったので最初にオーダーしました。

すると何だかあれ?器が小さい?何だか思ったのと違う感じで運ばれてきました。

しかしお味はニンニクがガツンと聞いていて、日本で食べるものよりスパイシーで

お酒が進む味でした。

f:id:senaandchao:20180226161851j:plain

マテ貝の鉄板焼き (Navajas a la Plancha ナバッハス ア ラ プランチャ)

人生で初めて食べたマテ貝の鉄板焼き。

歯ごたえが良くて噛むと旨味にオリーブオイルが絡んでとても美味しいです。

レモンをたっぷり絞って頂きましょう。

うう、書いてたらまた食べたくなってきた…バルセロナまた行きたい…

f:id:senaandchao:20180226161915j:plain

Pan con tomate(パン・コン・トマテ)。バゲットにオリーブオイル、フレッシュトマト、ガーリックを塗り付けたもの。

特にカタルーニャ地方で食べられるお手軽タパス。

ちなみに中央のパスタサラダを頼んでいる方が多くて思わず私も頼んでしまいました。

これはアボカド、トマト、ファルファッレというリボン状のパスタを

ビネガーやオリーブオイル、レモン果汁でシンプルに和えたもの。

これがまたお酒に合うんですよね…!箸休めというか箸がもはや止まりません。

ちなみに 

ちなみにここイケメンのお兄さん店員がいてとっても気さくに話しかけてくれます。

ここにはさすがに載せれないのですが、「すみません、実は友達にイケメンの写真を撮って来て欲しいと言われて…なのであなたの写真を撮ってもいいですか?」←ウソw

と尋ねるととっても爽やかなスマイルで写真を撮って頂きました。尊い

まとめ 

ちなみに写真は無いのですが多分これに追加でピンチョスを2〜3品つまんで

これだけ食べてお腹いっぱいでお会計が日本円で3200円でした。

バルセロナは物価も安く、レストランもリーズナブルな場所が多いので

ここは少し高い方かと思います。

しかし!味や雰囲気はとってもオススメですので是非一度は行ってみて欲しいです。

ではここまで読んでいただきありがとうございました。良い1日を!

f:id:senaandchao:20180226161946j:plain

 

 参考情報

www.tripadvisor.jp

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です