ブリュッセルで家系ラーメンが食べられる!「KOKU RAMEN RESTAURANT」

海外で長く滞在すると日本食が恋しくなることはよくあります。

個人的にはベルギー、特にブリュッセルはアジアンスーパーや日本食品の専門店がいくつかあったり、お寿司屋さんを始めとした日本食レストランも多いので極端に困ることはないと感じています。

今回はブリュッセルで家系ラーメンが食べられるラーメン屋さんがオープンしたので行ってみました。

場所はイクセル地区のレストラン激戦区です。アジア系のレストランも多く、近くだとブリュッセルでは有名なラーメン屋の「やまと」また以前訪問した「Little Tokyo」もこの通りにあります。

スポンサードサーチ

ラーメンを注文してみた

メニューはこのようにとても分かりやすい仕様となっています。1番人気なのは「KOKU SPECIAL RAMEN」。豚骨醤油がベースになっていて人気トッピングが勢揃いした贅沢な一品です。また国に合わせた配慮でベジタリアン向けの野菜オンリーのラーメンもあります。

実はここで事実を明かさなければいけないのですが、私豚骨ラーメンが食べられません。かの有名なチェーンの豚骨ラーメンや豚骨の聖地博多の屋台街では、食べ終わった後の後味と翌日胃腸が必ずフニャフニャになってしまうのです。

皆んなが豚骨ラーメンの素晴らしさを説いている時、私はそれに加わることが出来ず唇を悔しげにひき結ぶことが出来ないのです。『いやでも豚骨って重くない?』なんて邪推な横槍を入れて場の空気を壊したく等ありません。

飲み物は熱燗を頼んでみました。(6ユーロ)

なかなか今の私のお財布状況では気軽に頼むことの出来ないお酒ですが、異国で飲む熱燗はとても体と心に沁みて、日本を振り返らずにはいられないお味でした。

熱燗と一緒におつまみ3点盛り合わせ(5ユーロ)も注文してみました。ワカメ酢に鶏チャーシュー、味玉です。ちびちびつまみながらお酒を頂く、最高ですね!

スパイシー味噌ラーメン(16ユーロ)をオーダーしてみました。麺は太めの縮れ麺。自家製なのだそうで、濃いトロトロのスープが麺によく絡みます。また豚骨は味噌重視の薄めなので苦手な私でも気にせず美味しく食べられます。

肉味噌がピリッと辛くてパンチがあるので最後まで飽きずに食べられました。

チャーシューも柔らかくて脂がのっていてトロトロでした〜!

デザートは黒胡麻のアイスクリームを頼んでみました。黒ゴマのアイスクリームって何でこんなに美味しいのでしょうか。業務用のサイズで欲しい。

「KOKU RAMEN」では本格的な家系ラーメンをブリュッセルで食べられます

テイストはしっかりとした家系ラーメンですが、現地の人達の味覚にも合わせたとても食べやすい味にアレンジされています。でもそれでもガッツリ行きたい方には「KOKUスペシャル」や、「焦がしニンニク醤油豚骨」もオススメみたいです。

お客さんは現地の人達と日本人が半分同士といった感じでしょうか。店員さんも一生懸命日本語を話してくれようとしたり、フレンドリーで優しかったですよ。

ぜひ日本の本格的なこってりラーメンを食べたくなったら「KOKU RAMEN」へ行ってみてくださいね。