Rogier駅近くの「L’atelier de willy」でアーティチョークとトリュフのスープ・鹿肉のソテー

最近はもっぱら家に引きこもっております。スーパーのプライベートブランド(あの特別安いやつ)の特大ミルクチョコにハマってしまい体重が心配です。Sepoです。

今回はお祝いごとや特別なディナーの時にオススメなレストランをご紹介します。

「Rogier」駅から徒歩5分間。ビジネス街やホテルが密集するエリアにあります。

その合間にひっそりと佇むようにあるこのレストランは、入ってみると意外にも広くて静観な雰囲気。

テーブルの間が離れているので、周りの喧騒も気にならずゆっくりと会話を楽しむことができますよ。

スポンサードサーチ

3品コースを注文しました(39ユーロ)

今回は3品のコース(39ユーロ)を注文しました。

コースは季節の食材に合わせて内容を都度変えているようです。

今回こちらに載せているメニューは今はもう提供されていない可能性が高いので、詳細が気になる方はHPのメニューをチェックしてみてくださいね。

(メニューはフランス語オンリー)

お通し・フォアグラのベリージャムのせ

コースが始まる前に無料のお通し的なものがつきます。しかも何とフォアグラ!!ねっとりした独特な食感に、甘酸っぱいイチヂクジャムの相性がぴったりです。

これはワインが進まないわけがありません…!

1杯目は「ROUSSANNE」というワイン。スパークリングワインです。

調べてみるとこのワイン、リヨンとヴァランスの間にて作られているワインのようです。カモミールのような複雑なアロマが濃厚で、評価が高いワインなんだとか。

このレストランにはワインソムリエさんがいてオーラがTHE・ベテランて感じにも関わらず、とても優しくて色々詳しく教えてくれる方でした。

お店の店員さんも皆さんニコニコしていてとても居心地が良かったです。

パンも運ばれてきました。期待に胸が高まります

前菜:猪豚のテリーヌ・トリュフとアンティチョークのスープ

猪豚のテリーヌ

明らかにワイン泥棒と見てとれるテリーヌが前菜にあったので注文してみました。

中はとてもしっとりしていて、たまに現れるナッツの感触が面白いです。塩味は控えめで猪豚の旨味がダイレクトに伝わる味でした。

添えてあるジャムにつけて食べるとまた違った味になって楽しいです。ワインと合わせると頭の中がパーティーのような気分に!

野菜のピクルスが口の中をサッパリさせてくれます。

トリュフとアーティチョークのスープ

このスープが運ばれてきた時の香りといったら!

トリュフの香りが上品に香って印象が強いですが、飲んでみるとアーティチョークの味も存在感があって味がぎゅっと詰まってます。レベルが高すぎです…!

スポンサードサーチ

ワインの当てに1品・エスカルゴのハーブが効いたチーズグラタン

メインが来るまでの間に、もうちょっとワインの当てが欲しくなってエスカルゴのチーズグラタン(17ユーロ)を注文しました。

熱々の油でぐつぐつ煮こまれてとっても良い香りがします。トロトロに溶けたチーズを絡ませて食べると最高!

主催:メバルのソテーとムール貝のコロッケ・鹿肉ステーキと根菜添え

メバルのソテーとムール貝のコロッケ

焼き具合が絶妙で中はふっくら・しっとりとしていました。塩味加減も絶妙です。左上のコロッケはムール貝がたっぷり詰まったクロケットです。

ムール貝のコロッケは初めて食べますが、すごく新鮮で美味しかったです。貝のコロッケってあまり食べたことがなかったのですごく新鮮。これはアリです!

鹿肉ステーキと根菜添え

もうひとつの主菜は鹿肉のソテーです。すごく元気になりそうな鉄分の濃さを感じました(?)赤ワインとドンピシャに合います。

鹿肉、お肉の旨味をダイレクトに感じられてとても良いです。

お肉のお供に「CHATEAU LAULERIE」。

スポンサードサーチ

デザート:クリームブリュレ・アップルパイとチーズの盛り合わせ

クリームブリュレ

かの某フレンチ映画のように、スプーンで最初にサクサクと焦げ目の表面を割っていく作業が好きでして。

途中で割ってから写真を撮り忘れていたのに気づきました!お腹いっぱいにも関わらず、優しい甘みのおかげで完食。

アップルケーキ

これは間違えて運ばれてきたアップルパイです。頼んでなかったのですが違うと訂正した後も、なぜかテーブルに置かれっぱなしになってたので一口食べちゃいました。笑

本来頼んでいたクリームブリュレをしっかり完食してしまったので食べきれませんでしたがこちらも良きでした。

デザートの選択肢に含まれているチーズの盛り合わせです。山羊や羊を使ったハードからソフトチーズまで万遍なく揃っています。

ドライフルーツも添えてあるので、ここまで来てまだワインを飲ませたいのかという…←? 本当に!罪なやつ!でも飲んじゃう。

コースが終わった後は素敵なサプライズが

食事が終わりお会計を待つ間、何と無料でチョコレートとグミを頂きました!ナッツやドライレーズンがくっついていて、しつこくない上品な甘さです。

最初のミニフォアグラと言い、こういった小さな、でもレベルの高いサプライズを受けられるのはとても嬉しいですね!

ちなみにお店からは、ショッピング通りやグランプラスへも近い「De Brouckère駅」まで徒歩圏内です。

途中でこんな綺麗な広場にも出くわすので、食後にゆっくり散歩してみてはいかがでしょうか。

スポンサードサーチ

「L’atelier de willy」のお店情報

  • 住所:Boulevard Emile Jacqmain 118, 1000 Bruxelles, ベルギー
  • 電話番号:(+32) 0471 65 08 27
  • 公式サイトはこちら。トリップアドバイザー情報はこちら
  • 英語が通じます。
  • グループや数人客がほとんどなので、ひとりご飯は少し緊張する雰囲気かも。
  • とても丁寧に教えてくれるワインソムリエの方がいらっしゃるので、ワインが飲みたい時にもオススメ