地元の人々で混み合うのが人気の証!「Le Waterloo」ル・ワーテルローで絶品ベルギー料理

あけましておめでとうございます!

2020年がやってきましたね。キリの良い数字だったり、東京オリンピックが控えていたりと縁起の良い年だなって思います。

去年はベルギー移住にバタバタしたり、度々体調を崩したりと荒波な1年でしたが、家族や友人、仕事や東京・ベルギーで出会った人達に本当に助けてもらいながら無事にビザを取得することができました!

本当にありがとうございました。

現在は家族の事情があり一時帰国中。次の目標に向けて日本を楽しみながらも計画中です。

今回はブリュッセルのSaint=Gilles(サンジル)エリアにある、いつも地元の人達で賑わうベルギー料理レストラン「Le Waterloo」をご紹介したいと思います。

スポンサードサーチ

「Le Waterloo」は内観が可愛くてお洒落。

 店内はレコードジャケットが壁際に並んでいてセンスの良い店内です。結構テーブル間が密になっているので、混んでいる時は他のお客さんとほぼ相席しているかの様になります。

でもメニューに悩んでいたら「これオススメよ〜」と常連のお客さんが教えてくれたりして、とても和気藹々とした楽しい雰囲気です。

メニューは定番のベルギー料理の他に、その日のオススメが壁の黒板に書かれてあります。

お通しにオリーブの酢漬けが運ばれてきました。これ止まらないんですよね…!

ワインを頂きます。ボトルで大体15〜25ユーロくらいです。

ここはバターがこんな可愛い容器に入ってます。メイン料理の前にたっぷりパンに塗って沢山頂きたくなりますが我慢!

「Le Waterloo」の美味しかったメニューをご紹介

チーズコロッケ(Croquettes au fromage)7.5ユーロ

ベルギーはコロッケが美味しい!ということでチーズコロッケを前菜に注文。このチーズの塩気がワインやビールと抜群に合うんです!

チコンのグラタン(Chicons au gratin)

こちらは本日のおすすめから注文。

定番ベルギー料理のチコンという小さな白菜の形をした野菜と、ベーコンやハムをホワイトソースと一緒にオーブンで焼いた料理です。

年中食べられますが、冬はこのお料理をハフハフしながら食べると最高です。ホワイトソースが濃厚なのですが、チコンのほろ苦さが相性良いんです!

牛肉の赤ワイン煮こみ(だったと思う)

違う日に訪れた時に注文した牛肉の赤ワイン煮(だったと思う…。記憶が曖昧です、ごめんなさい)

安定の美味しさでした。この手のビジュアルの料理は大体間違いない気がします。笑

グリルポーク・2種類のマスタードソース(Carré de cochon de lait) 15ユーロ

こちらはいつでも注文可能なメニューに載っている、グリルポークにマスタードソースがついてくるかなりボリューミーなプレートです。

ポテトコロッケが自動的についてくるのですが、これもホクホクで美味しい!

初めてこちらのお店を訪れた時に注文したのがこのお料理。本当に印象的でそれ以来、何かご褒美の時にこのレストランへ通うようになってしまいまいした。

鴨肉のチェリービール煮こみ

「本日のおすすめ」から注文した、チェリービールで鴨肉を絡めた一品。大粒のチェリーもたっぷり入っていて何とも贅沢です。

鴨肉のしっかりした感触と旨味に、甘酸っぱいソースがとても美味しい、是非もう一度いつか食べたいお料理でした。

ちなみに、このお店ではベルギー産の地産地消にこだわっているらしく、マスタードやケチャップなどもベルギープロダクトのものです。

せっかくなので是非試してみてくださいね。

スペキュロスのティラミス

スペキュロスを使ったお店特製のティラミスです。

甘さが控えめで、お腹いっぱいでも一口二口と食べたくなるティラミスでした。

スポンサードサーチ

現地の人達も行きつけのレストランなら「Le Waterloo」へ

こちらのお店はSaint=Gilleのエリアにあるので、中心観光地からはかなり離れています。

しかし、毎日多くのお客さんで賑わっている現地の雰囲気を味わうことができて、味も実力派なので近くへ寄られた時は是非行ってみて下さいね。

なお、確実に行きたい場合はご予約もお忘れなく!

「Le Waterloo」のお店情報

HP(トリップアドバイザー)はこちら

住所:Chaussée de Waterloo 217, 1060 Saint-Gilles, ベルギー

アクセス:3・4番線「Horta」駅から徒歩3分

電話番号:+32 2 539 28 04

営業時間:11:00-22:30(途中、中休憩が入るので注意)

定休日:火曜日